ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい

出光リテール販売株式会社ファインオイル東日本カンパニー 採用情報

採用情報

採用TOPページ | 社員インタビュー | 募集要項

社員インタビュー
穂積 英樹(平成2年入社)営業部 企画課 課長

24歳で入社して以来、様々な仕事内容を経験させて頂きました。

初めは企画課で石油製品以外の商材(油外商材)を担当しました。その後、当社では環境対応・省エネ商材であるLED照明を新規事業として全社で取り組む事になり、私はLED照明担当として仕事をしてきました。
役割としては、商品や工事協力会社の選定・条件交渉・在庫管理等の仕組みを構築する事、また、新規開拓・グループ会社への展開・卸販売先や当社営業マンとの同行営業をしてきました。
どれも前職の個人営業では経験した事が無い仕事内容ばかりで、多くの試練や不安と戦ってきました。もちろん、失敗した事も少なくありません。

しかしながら、多くの上司・先輩方からフォローして頂き、新しい事にチャレンジできる環境を与えてくれる会社風土があったからこそ、力強く進む事ができました。苦労した点は多くありましたが、一方で、自身の「仕事に対する考え方の幅が広がった」という実感を持つ事ができました。

2015年より石油製品をメインとする営業担当として、新しい環境で活動しています。 当初は燃料油・潤滑油の知識や経験は無く不安が大きい中、「商材は違えど仕事のやり方は同じ」という強い想いを持って活動しました。その結果、1年間で非常に多くのお客様とお取引する事ができました。

ファインオイル東日本カンパニーでは、知識・経験は重要ではありますが、目の前にある環境や仕事に対して「まずはチャレンジしてみる」という取り組み姿勢が大切です。

大野 広人(平成17年入社)営業部 企画課

私はこれまで2回転職をしました。
いずれも「営業」という仕事ですが、従来は「売って終わり」という商品の販売をしており、お客様と築いた関係性が1度の販売で終わりになってしまうことに寂しさを感じていました。でも、それが「営業」であると思っていました。

しかし、当社に転職をして「営業」に対する考え方が変わりました。

石油製品は必要不可欠なものですので様々なお客様との出会うことが出来ます。更には消耗品ですので、継続してお客様とお取引をさせて頂くことが出来ます。そのため当社の営業は「販売はあくまでもスタート」という考え方をしています。
苦労して築き上げた関係性が無駄にならず、未来に繋がっていくのです。

また、当社を含めて3社で働いた経験から言えることは当社には「人を育てる」文化があるということです。これは出光グループ全体で言えることですが、目標は単に数字を達成することではなくその仕事を経験することで、いかに自分が成長できたか? に重きが置かれます。
そのため、当社では自身で思っている能力・経験より一段階上の業務を担当しています。

例えば入社3年目にこれまで手薄だった鹿島地区の新規開拓を私一人が任されました。当時住んでいた千葉から一人鹿島に駐在し、開拓を行いました。とにかく私一人でやるからには全責任が自分にあります。ましてや相談する人が身近にいないため、自分で考えて行動するしかありません。「とにかくお客様のためになる仕事をしよう」という思いで行動し、結果として多くの新規のお客様とお付き合いができるようになりました。

この仕事の経験は今でも自分の成長に大きく役立ったと感じています。人に任せて成長させる・・・・これは当社にある文化だと思います。

その数年で多くの若手社員が入社しました。自分の能力の一段階上の職務を任せられて
とても苦労をしていると思いますが、彼らは確実に成長をしています。
常に成長できる舞台がある。それがファインオイル東日本カンパニーです。

今から3年後、5年後、10年後のファインオイル東日本カンパニーが本当に楽しみです。