人財育成

重点施策

人財ビジョンとして「多様な人財が夢ある価値を生み出している」状態を目指します。
①それぞれのライフスタイルやキャリアプランに対応した多様な働き方や社員区分があります。
②キャリアアップ・DE&Iを実現するための教育研修制度があります。
③個人の成長に繋げるための公平な人事評価制度と運用サイクルがあります。



教育研修制度




キャリアパス

キャリアパスは2つに分かれます。一つは、マネジメント職として、人材育成や組織マネジメントも担っていただきます。もう一つは、スペシャリスト職として、担当職務の専門性を高め、組織を支えていただきます。




評価制度

社員ひとり一人が活き活きと仕事をして、仕事を通じて成長していくことができるよう適切な評価を行います。
具体的には、複数の役職者による多面的な評価(評価者会議)を実施します。
半年ごとの個人目標達成度・業績評価と一年を通じた能力開発状況を客観的かつ公平に評価し処遇を決めます。
上司との面談を通じて、個人の評価や成長度合いをフィードバックして、ひとり一人の成長に繋げていきます。
これらの仕組みを理解して有効に活用できるよう、評価者(上司)研修や被評価者(部下)研修も行っています。